見えない世界からのメッセージ

( 1548字 / 約5分で読めます )

経験則とか書物、ネットからの情報で理論武装して生きるのと
見えない世界からメッセージを受けて動くのとどちらが生きやすいかってお話です。

ご神仏は世の中が良くなってほしいというお気持ちをお持ちですが、お体をお持ちでないので 誰かの口や手足、言葉を借りないといけません。

だから、大我(たいが)に生きる人を 求めています。

というわけで、世の中を良くしたいと思うなら大我に生きることをおススメしますね。

「 今日一日 目の前の人が笑顔なら、明日、あの世に行っても悔いはない。」という思いで生きればいいんじゃないでしょうか。

これこそが大我に生きる考え方なんです。

人の命なんてあっけないものです。

僕の職場の先輩だった人は30歳で自ら命を断ってしまいました。
奥さんと生まれたばかりの子供を残してね。

昨日まで笑いながら馬鹿なこと言ってた人が急にいなくなるわけです。

「いやいや。そんなこと言ってもあと何十年も生きるかもしれないから、お金が必要なんだ。」

とお思いの人もいるかもしれませんね。

でもね。

捨てないと入ってこないんです。

まずは捨てる方が 先なんですよ。

お金が必要ということは、現在 お金が入ってこない不安があるということですね。

実は 人間にはキャパがあって その容量以上のモノを持てないんです。

なので、今 不安に感じているお金の状態はあなたが作り出したキャパシティの限界値なんですよね。

入ってこないというよりも 受け取れないんです。

あなたが今もっている考え方、常識があなたのキャパを決めているので それらを一旦捨てないと キャパは大きくなりませんよ。

そして あなたのキャパシティを大きくする方法が 「 大我に生きる。」と宣言することなんですね。

大我に生きるといっても、そんなに難しいことをしないといけないわけじゃないですよ。

人の話をよく聞く。

そして、自分にできることをコツコツと実行していく。

ただ それだけです。

人の話をよく聞いていると そこには「 誰かの困りごと 」が含まれています。

そして、自分ができることを実行することが「 誰かの困りごとの問題解決 」につながることになるのです。

もちろん 直接的な解決方法を提示できることは ほとんどないと思いますよ。

それでもあなたの行動が世界を変えるきっかけになるのです。

あなたにしかできない事、あなただからできる事が目の前にあらわれるんです。

人からの話をしっかり聞いてればね。

でも、自分のことばかり考えて、自分さえ良ければいいと思っている人にはそれが見えないんです。

独りよがりな薄っぺらい考えは吹けば飛ぶでしょうし、お金に走ったらお金に喰われるでしょう。

不満を誰かのせいにしてたら、永遠に環境は変わらないです。

あなたの選択の結果が 現在地なんですから。

もし、あなたの現状が納得のいかないものであれば 今まで あなたが 小我(しょうが) に生きてきた結果です。

あなたが自分のキャパを小さいと感じているのであれば それは あなたの考えが小我だから。

大我に生きると キャパは無尽蔵、無制限になります。

そして 得たエネルギーを世のため、人のために使ってください。

お金はエネルギーですから。

キャパが無尽蔵、無制限になれば そこに貯める必要はなくなります。
エネルギーの流れを作ってください。

エネルギーを貯めてしまえば、ため池のように淀みます。
川の様に清らかなエネルギーの流れを作ってください。

その状態になれば 「 お金とはエネルギー 」の言葉の意味がわかります。

今 あなたの目の前にいる大切な人は あなたが大我に生きることを教えてくれているんですよ。

ご神仏は、あなたを救うために あなたの目の前にその人を連れてきてくれたんですから。

それが 見えない世界からのメッセージなんですよ。 

   

はるひ先生のエネルギーアートはこちら ↓ ↓
[ 春陽画廊 ]
「 春陽画廊 」では、エネルギー表現者として活動されている 「はるひ先生」のエネルギーアートを見ることができます。
   
   
はるひ先生のお弟子さんです ↓ ↓
[ アリス ヴィ-ナス メソッド ]
「 アリス ヴィ-ナス メソッド 」では、一人でも多くの女性が真の女神力を取り戻すサポートをしていく活動をされています。
    

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。