風は天にもつながってるので。

( 1669字 / 約5分で読めます )

今回は 風の時代のウラ読みについてのお話です。

「 地の時代 」 から 「 風の時代 」に変わったんですが、風のエレメントってのは何でも運んじゃうんですよ。白いものも黒いものも関係なく全部ね。

何でも運んじゃうんですが、大前提として 実はもう それぞれの棲み分けはできています。ほぼ。

棲み分けはできてしまっているのですが、その中で変われるチャンスが何回かくるってのが風の時代なんですよ。

ただ、チャンスが来るとはいえ、相当な努力が必要。

棲み分けができている状態で変わろうとするわけですからね。

というわけで、「 変わることはできるけど、そんなに簡単なもんじゃないよ。」ってのが風の時代のウラ読みなんです。

だから、本当に変化を求める人には風が吹きますよ。
それは、変容を促す風ですから。

海に風が吹くと、水が動き海流ができますよね。

海流ができることで化学反応が起き、エネルギーが生まれる。
エネルギーが生まれることで新しい細胞が生まれます。

だから、海っていうのは「生み出し」の場所なんですよ。

そこに風や水や光のエネルギーが絡み合って命が与えられるんです。

そうなんです。
今はまさに 「 海 」のような時代なんですよ。

海と言うか深海ですね。

深海のような世界といった方が フィットするかもしれませんね。

誰もわからない深い世界もあれば、浅い表面的な世界もあります。
そして そのそれぞれで 生きてる人達がいて それぞれは混ざり合うことがない。

しっかりと棲み分けができている世界。
そして、それぞれの領域には入れない。

なぜなら自身の領域に完全最適化してしまっていて、他の領域では生きていけないからなんです。

今その場所で、安全で快適に生きていくための処世術の結果でもあるんですが。

というわけで、「 今更あがいても何も変わりませんよ。 」っていう最後通告を受ける時代でもあるんです。

そして 目を凝らして意識してる人にだけチャンスが訪れる最後の時代だとも言えます。
そのチャンスの扉は、完全には閉じてませんが、ほぼ閉じかけといった状態なんです。

断捨離を行ってください。

今までの考えを捨ててください。

心を空っぽにするんです。
忘れてください。過去の成功体験なんか。

いちいち覚えておかなくても、宇宙の理に沿った行いなら、体が勝手に動きますよ。
勝手に動くんなら知識として覚えてく必要はないでしょ?って話で。

でも、変わりたい変わりたいって言ってる人ほど捨てられないんですよ。
今までの考え方をね。

そこなんだけどねー。まずは。

こうすべきなんて思い込みは時代とともに変わるんだから、捨てちゃえばいいのよ。サッサと。そしたら あなたもちゃんとかわれるから。

もちろん自分の柱を持ってることは大事ですよ。

ただ、その 柱の伸びに行き詰まりを感じているんだったら、今までの考えやこだわりが邪魔してるんだよ 。

その考えやこだわりを捨てれば、柱がバーンと建ちます、そしてさらに 深く下にも潜れるのよ。
心理に入れるの。
宇宙の理に入れるわけ。

でも周りを見てどう思う?

「 自分が。自分が。 」とか言ってる人ほど自分という柱がなかったりするしね。

「 何も分かってないな〜。」と思うことも少なくないです。

正直、こんな小言を話すのは一度っきりにしたいと思ってますが、
風の時代の裏読みってのは 実は「  もう今更 何言ってんの? あんたは行くとこにしか行けないよ 」っていうことなんです 。

はっきり言いますね。

変わりたくない人は変われないです。

変わりたい人は変われるチャンスが来るんだけど、その時は かなり試されるし、断捨離の機会が増えるよ。

だから、かなりしんどいよ。 でも頑張れるかい?

頑張ったら軽くなれるから 風が運んでくれるんだよ。
上にも下にもね。

っていうのが風の時代なんです。

落ちるも上がるもあなた次第ってこと。
風は天にもつながってるので。

天は、システマチックでとても厳しいんでね。
だから、そんな簡単な意思じゃ無理なんですよ。

風の時代ってのは そういう側面があることも覚えていてほしいですね。

   

はるひ先生のオリジナル音源はこちら ↓ ↓


  
はるひ先生のエネルギーアートはこちら ↓ ↓
[ 春陽画廊 ]
「 春陽画廊 」では、エネルギー表現者として活動されている 「はるひ先生」のエネルギーアートを見ることができます。
   
   
はるひ先生のお弟子さんです ↓ ↓
[ アリス ヴィ-ナス メソッド ]
「 アリス ヴィ-ナス メソッド 」では、一人でも多くの女性が真の女神力を取り戻すサポートをしていく活動をされています。
    

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。