とにかく「 普通に見える。」ことを意識されてます。

( 2473字 / 約7分で読めます )

まず大前提として、「 結婚している。」または、「 結婚していない。」という状態は 自分で決めていると思われがちですが、それは違います。

実は ご先祖であったり 自分たちを守ってくださっている神々が 決めているんです。
そういった見えない力や導きによってご縁を繋いでいただいた結果、「 結婚している。」という現在があるんです。

そこは 基本としてご理解ください。

ご先祖であったり 自分たちを守ってくださっている神々が 動いてくれないと結婚までいかないんです。

「 出会いがある 」とか「 出会いがない 」って言ってる人も多いんですが、そもそも ご先祖であったり 自分たちを守ってくださっている神々の許可が出てないんですよ。

上の世界はすべて許可制ですからね。

上が許可しないと結ばれないんです。

「 結婚したい。」と思っててもできないのは そういった理由からなんです。

許可が出てないんですよ。
重要なことなので、何度も言いますが。

許可が出てないから 相手とのエネルギーや波長、フィーリングが合わないんです。

微妙にずれてるんでしょうね。
( もちろん 完全にずれてる場合もありますが。 )

だから、できない。

もう 必死になって神頼みをしたりするんですけど、実は神様が連れてこれない状態なんです。
必死に神頼みをしてもね。

「 自分の意識レベルが高すぎて、私に合う人と出会えないんだわ。 」っ言い出す人もいますが、そういう人に限って 意識レベルが低いことが多いです。
残念ですけど。

そんなこと言ってる間は、一生 結婚できないと思ってください。

一人で生きる道を 自ら選んでいる状態ってことを自覚してください。

まずは そういう出会いとか意識レベルとかを忘れて、今 自分ができることを精一杯やってください。

そういう人は男女問わず 輝いています。

「 身の丈に合った生き方 」っていうのを、過小評価する風潮もありますが、そもそも「 身の丈 」なんて人それぞれ違うわけですから、自分自身をしっかり見つめないと「 身の丈 」自体がわからないんですよ。

だから、「 他人の身の丈 」を「 自分の身の丈 」と錯覚してしまうんです。

勝手に他人と比べて 自分に足りない部分に対して
勝手に不平や不満を感じてるんです。

そういう人は顔に出ちゃうんです。
ハッキリと。

口がへの字にまがっちゃってます。
無意識にね。

あと、眉間にシワを寄せる癖が出てきます。

眉間にシワを寄せる癖がある人って精神状態が芳しくないんですよ。
そういうのが無意識に表情に出ちゃうんですよね。

まー。当然 そういうのと連動して目も変わってきますよね。
口がへの字にまがってて、眉間にシワを寄せてる人の目が輝いてたらおかしいですから。

基本は そういった方の目は「 うつろ 」です。
目に力が入っていないですよね。

ただ、ずーっとそんな表情をしてるわけではなくて、無意識にそういう表情になるので よほどじっくり見ないと判断出来ない場合も多いです。

じっくり見ようと思うと その人と深く接しないといけないので それが分かった段階ではお互いに盲目になってて、そういった部分も含めて好きになってしまうケースも少なくないですね。

それはそれで「 一つの経験 」として捉えるのもアリなんですが、初期段階で見分ける方法として、服装で判断できることもあります。

例えば、原色系の服や装飾品やバッグを身につけている人。

ご自身に 心当たりがある場合は 特に意識してほしいんですが、原色って衝動の現れなんです。

赤い服を着る人は、欲情という衝動の現れです。
情を欲しがっている人なんですね。

簡単に言うと、欲求不満な状態です。

この状態になると 何を手に入れても不満は無くならないのでキリがないんです。

こういうのって男性はすぐに感じ取ります。
男性っていうのは防衛本能がめちゃくちゃ強いですからね。

意外に思われるかもしれませんが、女性よりも男性の方が防衛本能が強いんです。

こんな感じで、実は 人間って無意識に自分の状態をあらわす服を選ぶんです。

だからモテたいって思う衝動は服とか顔に出ちゃってるんです。
無意識的にね。

自然と 原色の服を着たりブランド品に身をまとったりするんですよ。

ちなみに 僕は 仕事の時は黒色の服を着ます。
一般的には 黒を着るっていうのは「 ガード 」の意思表示です。

ただ、僕の場合は 人を寄せ付けないとか 邪気払いのために意識的に選んでますけどね。

あと、神社に行くときは神様に会いに行くので、白っぽい服装で行きます。

白色は御神色ですから。
具体的には 白色と紫色の組み合わせですね。

紫っていうのは冠位十二階における最高峰の色なので。
( それ以外にも意味はありますが。)

でも 邪気が多いところだったら そういうところであっても 黒を着ていきます。

他にも 僕がお付き合いさせていいただいていますお客様は 年収ベースだと数千万円から数億円って言う方がメインの客層になっているのですが、

そういう方々のファッションを見ていると シンプルなコーディネートをされていると感じますね。

自分らしい服、ファッションっていうのを知っています。

自分の個性が最大限発揮できるファッションをされていると思います。

優しく見えるファッションをされている方が多いですね。

その人の内面が滲み出るファッション、美的感覚を知っておられるんだと思います。

とにかく 「 普通に見える。」ことを意識されてる感じですね。

結局、普通に見えないファッションは服に着られちゃって、着こなせていないことがわかってるんだと思います。

他者に見られたい自分ではなく 自分自身を大切にできるライフスタイルを身につけている人は過剰なファッション、過剰な装飾をされないですね。

ブランドに振り回されることもないですし、日々すごい勢いで無理やり消費されているトレンドにも興味がないという感じです。

自分自身を見つめて自分の人生を生きている人は 無意識や意識の向かう方向が独特だと思いますし、やはり ファッションや顔等の外見に現れますね。
    
    
    
   
     

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。