無知は罪なんです。

( 785字 / 約2分で読めます )

機能性がよくて良いものを身につけるのはいいですよ。

ただ、お金をかけたいと思うことに対してまで 安く済ませるってのは、そういうエネルギーを身にまとうことになってしまうんです。

安いエネルギーばかりを取り込んで 上書きしていいものに変換する能力があるんだったらそれでいいんですけどね。
とはいっても 僕は 「 何でもいいものを買いなさい。」なんて言ってませんよ。

僕も洋服はユニクロを着てますしね。
何でもかんでも固めなくていいんですよ。
自分の価値観を貫いて お金をかけるところにエネルギーを注ぎ込むんです。

僕だったら ご神前ですね。
神様のことだったら 徹底的にお金とエネルギーをかけるんです。

でも、本当に疲れているときは、「 今 ごめん無理。 」って普通に言いますけどね。

もちろん 休憩もいる。

やらないといけないと自分にプレッシャーをかけすぎると失敗するよ。

で、もうひとつ言うと、見えない守護がある人。神様の守護が強い人。
そういう人たちも ある程度の努力は当然必要ですよ。
わからないから教えてあげるのは愛ですよ。

その時嫌われてもね。
あと、嫌われ役になれるかなれないかってのもあるんです。

嫌われても良かれと思って言えるのが愛なんですよ。

もっと 厳しいのは、一切知らないふりをして、見てるけど変わるのを待つってのが、上の方にいる存在の導き方なんです。
で、聞いてきたら教えるの。

聞くまで教えない。

「ハルヒさん優しいですね」って言われたりするんですけど、全然優しくないですよ。
僕 鬼ですから。
メチャクチャきついし、厳しいですよ。

無知は罪なんです。
知らないほど罪なことはないんです。

それが知らず知らずに罪を作るんです。

国津罪(くにつつみ)をつくるんです。

天津罪(あまつつみ)っていうのが与えられた才能を磨かない罪。

国津罪(くにつつみ)ってのが人の物撮ったり悪いことをすることなんですけどね。
    
    
    
   
     

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。